YouTubeやブログ系の収益に関することのまとめ

みなさん、こんにちは。本日はYouTubeやブログ系等の収入に関することについて、調査や調べたことや体験したことをまとめてみました。副業業としてYouTubeやブログの執筆等を考えている方はぜひ最後まで読んでいってくださいね。

YouTube等の配信に関する収入

YouTubeで収益化をするには、チャンネル登録者数1000人以上と公開動画の総再生時間が4000時間以上必要なる。総再生時間4000時間に関しては、動画投稿や生配信等を続けていれば、容易に達成できるので問題ない。問題なのはチャンネル登録者数1000人である。定期的に動画投稿や生放送をし続ければ、自然と増えていくが伸び方が人によってまちまちである。この差はどこから生まれてくるのだろうか?…この疑問を解決していく。

■チャンネル登録者数の伸びに関して

生放送を中心で配信するか、動画投稿を中心でやるかによってやり方が変わってくる。生放送を中心にやる方法に関して解説する。生放送の場合は、配信主の人柄によって左右される。暴言が多い配信主は比較的トラブルが起きたり、炎上する原因になったりしやすい。もちろん、リスナー参加型で配信主が決めたルールを守らない人もいるが、そちらはまた別の問題である。いずれにせよ、それぞれのリスナーに対して、丁寧な対応が大事である。加えて、生放送主流の場合は、配信頻度も影響がでる。いつ配信するのかを明記し予定通りにやるとリスナー側も見に来やすい。Twitterや配信中にいつ何のゲームをやるのか告知することも大事である。さらに、生放送終了後、面白かった部分を切り抜き動画にしたり、配信を始める前や終わる時にオープニングムービー、エンディングムービーを流すと差別化ができ、認知しやすい傾向はあるようだ。

動画投稿主流でやる場合は、定期的な投稿が必須になる。自分にしかできないことを成し遂げてそれを動画としてまとめているならば人気になる可能性は高いが、相当な能力を求められるため現実的に厳しい。例えるならば、オリンピックで金メダルを取りに行くようなイメージだろう。一般的な動画投稿は切り抜き動画、ゆっくり動画、解説動画と言ったものが主流のようだ。切り抜き動画は文字通り、生放送等で面白かったところを切り抜き、字幕を付けて投稿すると言ったやり方になる。ゆっくり動画は棒読みちゃんを台本通りに読ませる。必要に応じて字幕や動画を編集する必要があるため、動画編集技術と高スペックPCが必須になる。解説動画は声が肉声に変わるだけで、ゆっくり動画と似たようなものである。ある程度の編集技術が必要になってくるため、簡単に手を出せるものではない。加えて、定期的な投稿が必要なるため、容易に手を出せない。ある程度覚悟がないと、動画編集を個人でやるのはきついだろう。

■YouTubeの収益に関して

YouTubeの収益は主に広告収入が中心になる。大手ユーチューバーの話によれば、1回の広告が再生されると0.01円程度だと言われているようだ。チャンネル登録者数10万人規模であっても、月あたり数万程度にしかならないという話も耳にした。広告収入だけを当てにしていては収益が厳しいことがお分かりいただけるだろう。では、どこでお金を稼ぐのかと言う点だが、YouTubeにはメンバーシステムが存在し、メンバーに入ると月額でその配信者を支援することができる。支援者を募って収益化していくと良いと思われる。なお、企業案件を勝ち取ることができれば収益を大きくすることが見込まれるが、こちらは一流ユーチューバーになってからの話である。

ブログの執筆に関して

ブログの執筆で収益を得るためには、ブログを開設することが必要になる。無料ブログサービスを利用するか、WordPressを有料で使うかのどちらかになる。無料ブログサービスはサービスがいつまでも続く保証がなかったり見た目等のカスタマイズの制限があったりする。収益化を目指す場合は、有料で使える WordPress を使うことを強くお勧めする。

■ブログの閲覧数に関して

ブログを書いて閲覧数を増やすには定期的に閲覧してくれる方を増やしたり、グーグルなどの検索で上位にヒットするような工夫が必要になる。ラッコキーワード検索等を利用しどのようなキーワードで検索しているのか知ることも大事になってくる。

ラッコキーワード|無料のキーワード分析ツール(サジェスト・共起語・月間検索数など)
無料でサクサク使えるキーワードリサーチツール。世の中のニーズをサクッと把握!コンテンツ制作/製品開発の市場ニーズのリサーチにお役立ていただけます。SEOを意識した記事コンテンツの制作補助機能も充実!

多くの方に見てもらえるようにするために様々な工夫が必要だが、そちらに関しては有名なブロガーの記事を参考に配置等を作成してくと良いだろう。

■ブログの更新頻度

ブログの更新頻度は年に300記事程度書く速度は必要であると言われている。週に換算すると週6記事程度になるだろう。ほぼ毎日書いてるのと同じである。ブログ初心者の書き始めは書ける内容が多くあるかもしれないが、20記事超え始めるとネタ切れを起こしかねない。常に記事にできることがないか別の視線を把握もちながら日常生活を過ごす必要がある。

■ブログの収益化に関して

ブログの収益は広告収入がメインになる。グーグルアドセンスのように閲覧した相手に対して、欲しそうなものを選んで広告を張り付けるものもあれば、記事を指定して特定の記事を張り付けることもできる。前者のグーグルアドセンスは広告1クリック1円のような換算の仕方をする。後者の特定の広告を指定して貼り付ける場合は、広告を張り付ける内容を調査し、広告をクリックしてもらえそうなものを張り付ける必要がある。特定の広告記事は報酬の還元率は高い傾向にある。こちらの広告を指定して貼り付け、広告をクリックしその商品を買ってもらえることで還元される。ある程度戦略的なものが要求される。

■ゲーム攻略記事の戦略のお話

ゲーム攻略サイトを設立している会社がどのようにして儲けているのかこの場を用いて解説する。まず、新作ゲームが発表された瞬間ゲーム攻略サイトを設立する。その結果、誰も作っていない状況であるため、グーグルなどの検索では上位に検索がヒットするようになる。わかっていないことに関しては「調査中」と記載し不明な状態にする。その後、ゲームが販売され攻略記事を記載する。分かった内容から更新していき、検索で上位にヒットを保ちつつ、攻略サイトが完成する仕組みとなっている。ちなみに、売れ行きが悪かったゲームの攻略サイトが「調査中」だらけで全く作られていないのに上位にヒットする理由は、発表されてから攻略サイトを設立していることが原因である。

最後に

ざっくりとYouTubeとブログに関する収益に関して説明しました。どちらも収益目的でやるとなると定期的な更新が必須になってきます。かなり大変なのである程度覚悟を持つ必要があるでしょう。もちろん、副業で時間があるときにやるのも1つのやり方ではありますので、自分に合った更新方法を作っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました